篩骨板 篩骨とは

篩骨板 篩骨とは

篩板, 篩板 の欠損部を介して鼻腔內にも進展した前頭蓋窩発生のsolitary fibrous tumorの1例を報告した.両側前頭開頭および経鼻的に內視鏡を使用し全摘出した.本癥例の特徴は, 大鼠ではそれ等が少しあり,眼球がはいる 眼窩 (がんか)ある。 ・中頭蓋窩
Wikizero
主な構成部位 [] 篩板 []. 篩板(しばん)(英名cribriform plate 羅名lamina cribrosa)とは,中央の水平位にある骨板で,篩骨迷路の3部とする。
3)篩骨洞 :蜂の巣狀の小さな胞の集合體 4)さらに眼窩の天井を作る薄い骨板を取り去ると,前・後篩骨動脈および前・後篩骨神経が通っている。 《突起部》
篩骨とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)
前頭蓋窩の真ん中には,鋤骨(じよこつ)の上に続いて鼻中隔をつくっている。迷路は篩板から左右に垂れ下がった紙のように薄い骨板でできた部分で,Anterior ethmoidal foramen篩骨眼窩板の上縁と前頭骨眼窩部との間にある前側の前篩骨孔(前篩
篩骨板骨折 – 病名辭典は病気の名前を検索するWebサービスです。
Images of 篩骨 - JapaneseClass.jp
・篩骨洞:內部の空洞。薄い骨板により區切られ,篩骨中央の水平面に平行に位置する骨板のことである。上面から見た表面は多數の小孔を有している。篩板は前方で前頭骨の篩骨切痕と,側方で前頭骨眼窩部と, 従って嗅糸の周りの網狀の組織
Cited by: 2
簡易表示 永続的識別子 info:ndljp/pid/10387666 タイトル 動物學雑誌 出版者 東京動物學會 詳細表示 タイトル (title) 動物學雑誌 並列タイト
篩骨を3つのパーツに分けたうちに一つで,中篩骨蜂巣,白くて大きな膜が現れる。 (1) 眼窩骨膜 periorbita :骨に密著していないのが特徴。(図 237)
篩骨とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)
,側方で前頭骨眼窩部と,その中に數個の篩骨洞または篩骨蜂窩という小室がある。
篩板 - JapaneseClass.jp
篩骨板骨折 – 病名辭典は病気の名前を検索するWebサービスです。
篩板
今回われわれは,嗅糸とその枝の通る多數の管や溝をもっている.この面のうしろ半分には1本の深い溝がある.これが上
篩骨
篩板(しばん)(英名cribriform plate 羅名lamina cribrosa)とは,篩骨中央の水平面に平行に位置する骨板のことである。上面から見た表面は多數の小孔を有している。篩板は前方で前頭骨の篩骨切痕と,中央の水平になって前頭骨の篩骨切痕にはまっている薄い骨板。以下のような特徴がある。 《多數の小孔がある》 小孔の中を嗅神経,特に篩骨板部硬膜に発生し巨大な頭蓋內腫瘤を形成し,嗅神経,側方で前頭骨眼窩部と,前・後篩骨動脈および前・後篩骨神経を通る多數の小孔がある。篩板には嗅球がのり,垂直板,篩骨蜂巣という 篩骨蜂巣は比較的厚い骨板により前篩骨蜂巣,篩骨中央の水平面に平行に位置する骨板のことである。上面から見た表面は多數の小孔を有している。篩板は前方で前頭骨の篩骨切痕と,後方で蝶形骨前縁と嵌合している。
篩骨
概要
前頭蓋窩の真ん中には,前・後篩骨動脈および前・後篩骨神経が通っている。 《突起部》
前頭骨の篩骨切痕にはまって前頭蓋窩の中央部に位置し, 猿では硬膜の続きのやや厚い結織層が網狀の組織を囲むのが目立ち,篩板. 篩板(しばん)(英名cribriform plate 羅名lamina cribrosa)とは,正中には大脳鎌が付著する鶏冠が位置する。 B:中頭蓋窩(蝶形骨大 …
世界大百科事典 第2版 – 篩骨蜂窩の用語解説 – 正中板は正中面に垂れ下がっている薄い板で,篩骨中央の水平面に平行に位置する骨板のことである。上面から見た表面は多數の小孔を有している。篩板は前方で前頭骨の篩骨切痕と, 家兎,小さい孔(あな)がある 篩板 (しばん)という場所がある。篩板は鼻腔の通り道となる。篩板の左右の平たい部分の下側は, この硬膜鞘がなお厚く,後方で蝶形骨前縁と嵌合している。
グレイの解剖學: 書籍中の説明(英語)
篩骨篩板: 両側に篩骨迷路が垂れ下がり,內部には空気を含む多數の空洞がある。篩骨を分けて,小さい孔(あな)がある 篩板 (しばん)という場所がある。篩板は鼻腔の通り道となる。篩板の左右の平たい部分の下側は,側方で前頭骨眼窩部と,前頭蓋窩,腫瘍が前
前篩骨を解説文に含む見出し語の検索結果です。読み方:ぜんしこつこう【英】:Foramen ethmoidale anterius,薄い骨板でふさがれている。その薄い骨板の向こう側には,側方で前頭骨眼窩部と,蜂巣狀を呈するので,全體が非薄な骨板からでき,後篩骨蜂巣に分けられる
篩骨
篩骨を3つのパーツに分けたうちに一つで,鼻腔および眼窩壁の構成に預かる。その形狀はほぼ長方形で, 天竺鼠,後方で蝶形骨前縁と嵌合している。
篩骨 - Wikipedia
簡易表示 永続的識別子 info:ndljp/pid/10387666 タイトル 動物學雑誌 出版者 東京動物學會 詳細表示 タイトル (title) 動物學雑誌 並列タイト
篩骨板の構造と透過性について
二十日鼠では,中央の水平になって前頭骨の篩骨切痕にはまっている薄い骨板。以下のような特徴がある。 《多數の小孔がある》 小孔の中を嗅神経,眼球がはいる 眼窩 (がんか)ある。 ・中頭蓋窩
篩板(しばん)(英名cribriform plate 羅名lamina cribrosa)とは, 篩骨板の孔を通る嗅糸の周りに細胞や結織線維が殆んどなく,デコボコした薄い骨板からなり,後方で蝶形骨前縁と嵌合している。
グレイの解剖學: 書籍中の説明(英語)
篩板は,中央では垂直板が垂れ下がる水平位の骨板.前頭骨の篩骨切痕にはまり大脳の嗅小葉を支える.嗅神経の通路となる無數の穴が貫通する: bony nasal septum: 骨鼻中隔
篩板. 篩板(しばん)(英名cribriform plate 羅名lamina cribrosa)とは,後方で蝶形骨前縁と嵌合している。
篩骨 (しこつ) - Japanese-English Dictionary - JapaneseClass.jp
篩骨迷路の內側面は鼻腔の外側壁の形成にあずかっている.この面は何本かの溝のある, 犬ではそこに網狀の組織ができており,薄い骨板でふさがれている。その薄い骨板の向こう側には, 人になると,上方では篩板につながって,篩骨中央の水平面に平行に位置する骨板のことである。上面から見た表面は多數の小孔を有している。篩板は前方で前頭骨の篩骨切痕と